繕うプロジェクト in東北

繕いから物を丁寧に使用するきっかけを作る


名前:加藤はる
所属ゼミ:ボブ田中ゼミ
出身地:宮城県
出身高校:仙台西高校

企画プロセス

①背景|日本の繕う文化はサステナブル

日本人の物へ慈しみの心を持ち、大切に 使用するための「繕う」という昔からの 知恵は持続可能な物の使い方に繋がる。

②問題/課題|「繕い」への敷居が高い 

繕うことが難しいというイメージを 抱いている人は多く、手を出しづらいという ことが使い捨て消費を助長している。

③気づき|暮らしの身近に繕いはある 

畳、器、靴など繕いながら長く使用できる ものは案外身近にあり、日々の暮らしの中に 「繕い」が潜んでいるのではないか。 

④アイデア|マークを中心に身近な繕いを普及 

「繕うことでサステナブルに貢献できるお店」 と分かるマークを作成。認知拡大のために WEBマガジンの運営やマルシェを行った。

⑤効果|物の使い方を見直すきっかけに 

「繕う」という知恵を知ることで、 使い捨て消費から物に愛着を持ち、 長く使用するきっかけの創出に貢献した。 

ギャラリー

ムービー

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る